ポータブルHDDの購入で失敗したと感じたこと

先日、ネットショップで外付けHDDを購入したのですが、失敗したなと思う部分がありました。
あまり大したことではないのですが、書いておこうと思います。

スポンサーリンク

最近購入しました、LaCieのポータブルハードディスクです。

写真では少し分かりづらいかもしれませんが、奥行きの側面にケーブルを接続することで、コンパクトに持ち運ぶことができます。
だらーんとケーブルを垂らすデザインよりもおしゃれな感じが気に入りました。

私はよく外にポータブルHDDを持ち出すことがあるので、ケーブルが邪魔にならないデザインが気に入り購入しました。
以前使っていたポータブルHDDは、トランセンドの製品です。
(3年くらい使用したものですが、故障しました。中身のHDDは、日立製のものでした。)

写真を見ると、オレンジの側面部分に、ケーブルの接続口があります。
ここから、付属の60cm弱のケーブルを接続するようになっています。
ポータブルHDDは、このように、ケーブルが長くだらんと伸びているタイプが多いのではないでしょうか。

今回購入したLaCieのHDDですが、公式サイトの商品紹介に書かれているように、アクオスやレグザなどのテレビにも対応している商品です。
http://www.lacie.jp/portable/lch-rk500utv2/index.html
テレビ向けにつくられているためか、USB端子につなぐまでのケーブルの距離が、極端に短いです。
そのため、取り外しの際に、外付けHDD本体も動いてしまいます。
パソコンにも使える(パソコン専用の添付ユーティリティが入っている)といったことが書かれていましたので、特に何も考えずに購入しました。

これからはテレビ向けに、こういったケーブルの短めのものが多くなるのかもしれません。
頻繁に取り外しをしない、テレビに使う場合は、コードは短いほうがごちゃごちゃせず便利なのだと思います。
ただ、私のようにポータブルHDDをパソコン使用中によく取り外しをする方は、PC本体と外付けHDDをつなぐ部分の長さにも気をつけると良いと思います。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ