サビキ釣り・時間帯編

月の満ち欠けと同じように、海には満潮と干潮があります。

この時間帯は、毎日変動しています。時間帯については新聞に載っていますし、ネットでも調べることができます。

天気予報はどうしても外れることが多いですが、この満潮・干潮の時間帯は、かなり先の日でも信憑性があるようです。

スポンサーリンク

私はいつも気象庁のホームページをチェックしています。

http://www.data.kishou.go.jp/db/tide/suisan/

目的地に近いところの「潮位表基準面表示」を選択してみてください。

すると、満潮・干潮の時間帯が表形式で表示されます。

この中で、私がいつもチェックしているのは「満潮の時刻」です。

満潮は水位が高く、干潮は水位が低い状態です。

干潮の時間帯は避けるほうが無難です。水位が低いと魚は静かにしています(特に防波堤)。

私はかなり感覚で釣りを楽しんでいますので、詳しいことはあまり分からないのですが、水泳の北島選手が水位の低い子ども用プールで泳いでも「チョー気持ちいい」とはならないはずです(笑)

水位が低いと泳ぎづらくて仕方がないはず。

魚もやはり水位が高い方が、広く泳げて楽しいのではないでしょうか。

魚は、潮の動きがあるときによく釣れる、といわれています。

干潮から満潮になった時、静かにしていた魚たちは活発に動き始めます。

満潮時間の約3時間前後が良く釣れる、と言われているようです。

たとえば、満潮時間が、14時ちょうどだったとします。

すると絶好の釣り時間帯は、11時からまたは17時から、となります。

私はいつも、満潮時間の3時間くらい前から釣りが始められるようにしています。

満潮ピークの前の方が、魚たちはお腹が減っているかなと。

2時間くらい釣りをしますので、大体常に釣れるピークの時間帯に釣りを楽しむことができます。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ