ホワイトチョコレートはカロリーが高い?

ホワイトチョコレートはどうして白いのか、知っていますか?
ミルクをたくさん使っているからだと思っていたのですが、そうではないようです。

スポンサーリンク

チョコレートの原材料であるカカオ豆は、精製することでカカオマスとココアバターに分かれます。
ココアバターは脂肪分で、色は白いそうです。
普通のチョコレートはこれら両方を使って作るのに対し、ホワイトチョコはカカオマスを使わずに作るそうです。
なので、あのような白いチョコレートが出来上がるんですね。

ココアバターは脂肪分と聞くと、ホワイトチョコレートはカロリーが高くなりそうな気がしてしまいます。
ですが、カロリーは通常のチョコよりも少し多くなる程度だそうです。

明治の板チョコレートで比較してみると、

ミルクチョコレート  55グラム・307kcal ⇒ 1グラム当たり5.975kcal

ホワイトチョコレート 40グラム・239kcal ⇒ 1グラム当たり5.582…kcal

ちなみに、ホワイトチョコレートが甘いのは砂糖をたくさん使っているから、と考えている方も多くおられるようですが、それは違うようです。
ホワイトチョコレートには、チョコレートの苦味を出すカカオマスを使っていないため、むしろ砂糖の量は少ないそうです。

明治ミルクチョコレートのホームページは以下です。
http://www.meiji.co.jp/sweets/chocolate/mchoco/

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ