「レイトン教授」シリーズを格安で楽しむ方法

発売されれば確実に売れるゲームシリーズは決して多くありません。
その中の1つが、「レイトン教授」シリーズです。
世界中で大ヒットしています。

スポンサーリンク

今月末発売予定の新作を合わせて、6作品目になるレイトン教授シリーズですが、私は「レイトン教授と悪魔の箱」だけプレイしました。
このレイトン教授を、DS(3DS)を持っていない人でも楽しむ方法を2つご紹介します。

まず1つ目の方法は、「web体験版」です。

下のリンク先は、4作目にあたる「レイトン教授と魔神の笛」の公式紹介ページです。
http://www.layton.jp/majin/index.html

リンク先の下部分に、「レイトン教授と不思議な町」(1作目)と「レイトン教授と悪魔の箱」(2作目)の体験版を、パソコン上でプレーすることができます。

2つ目の方法は、「書籍」です。

このゲームは、「頭の体操」という本を昔から書かれている、多湖輝さんが監修しているそうです。

なので、この本を買って読むことで、パズルを楽しむことができます。

確かに、レイトン教授を格安で楽しむ、とは違うかもしれません。
ですが、書籍に収録されている問題数は多いので、お買い得だと思います。
正直、似たような問題も多いです。

個人的には、むしろストーリーが面倒に感じてしまったので、私は多湖輝先生の書かれた本を読むほうが好きです。
レイトンのストーリーや、ダッチパネルを活用した問題回答も楽しいのですが、パズルゲームならどんどん解きたいと思ってしまいます。

ですので、レイトンの「パズル」を楽しむことにウェイトを置いている方は、頭の体操シリーズをおすすめします。
書籍の「頭の体操」シリーズは、1冊あたり大体100問の問題が収録されています。

上にある、「頭の体操 BEST」を購入してみたのですが、ちょうど100問収録されていました。
このベスト版には、それまでに発売された「頭の体操」全23巻の中から、厳選した100問が収録されているそうです。

私はそれまでに2冊しか読んだことがなかったので、ほぼすべてが新しい問題で楽しかったです。

ベスト版の2冊目も発売されているようです。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ