既卒者や中退者の就職活動成功談を読むときに気をつけること

ネットで情報を調べていますと、思い切って大学院を中退して良かった、既卒だけどちゃんと就職できた、という記事が一部見られます。

そういった記事を読み、「中退しても何とかなりそうだ」と思った方は、以下の点を踏まえた上で、自分も同様に何とかなりそうなのかよく考えてみてください。

私は、就職において、既卒は新卒とは比較にならないほど大変だと、身をもって感じました。

最難関の大学を卒業/大学院を中退している

キャリアカウンセラーに実際に言われたのは、「既卒の場合、よほどの難関大学でない限り、出身大学名は武器にならないよ」ということです。

もし、「自分はそれなりに有名な大学を卒業しているから、既卒だとしても何とかなるだろう」と思っている方は要注意です。

同じ未経験の就職でも、新卒では出身大学が大きく考慮されるのに対して、既卒では新卒ほど出身大学名が武器になりません。

転職では学歴はほとんど見られず、社会人としての経験で判断されるそうです。既卒の就職活動は転職と同様だと考えるべきだ、とも言われました。

私が思うのは、武器になり得るのは難関大学ではなく“最”難関大学です。東大・京大クラスの“最”難関大学でない限り、世間的には高学歴だったとしても、あってないようなものだと考える方が良さそうです。

頭の回転が早く、優秀だなと感じる私の知り合いは、旧帝大を卒業後、同大学院を中退しました。そんな人でも既卒の就職が思うようにならず、職業訓練校に通うなどしましたが、最終的には回り回って今まで勉強してきたことと全く関係のない仕事をしています。

卒業してからの期間や自身の年齢

同じ既卒でも、大学を卒業してからどれくらいの期間が経ったのかによって、就職活動の難しさは変わってきます。

当然ですが、空白期間が短いほど就職に有利ですよね。

そして、「第二新卒イコール既卒3年以内」という印象は捨てるべきです。

実際に、ハローワークの求人情報検索で、求人情報の種類を『学生』にして検索結果を眺めてください。そして、「他の求人に比べて、これは良さそうだ!」と感じた求人の詳細を良く見てみてください。既卒不可、もしくは既卒は1年以内なら良いよ、と期間を3年よりも短めに設定している会社が非常に多いです。

また、大学院中退や浪人・留年などで年齢を重ねている方は、そこで引っかかってくる部分も出てきます。

社会人としての基礎が付くまでには、年単位という長い時間が掛かるため、優秀だと感じた人材でも年齢が高ければ採用を躊躇するそうです。そのため、年齢によっても、就職活動の難易度は大きく変わってきます。

就職したい地域による差

地域差はかなり大きいです。とある地方(といっても政令指定都市)で、理系の就職を探したところ、第二新卒者にも門戸を開いていたのは、仕事内容に開発と書かれていても話を聞いてみるとメンテナンスで外回りだったり、一見良さそうな企業でも内容は技術派遣だった、というものがほとんどでした。

全国では知られていないけれど、とても優秀な企業が集まる地方もあるようです。私は2地域の、既卒者も積極的に受け入れる中小企業が集まる説明・面接会に参加しましたが、地方によってこんなに差があるのかと驚きました。1ヶ所は上記のような企業ばかりでしたが、もう1ヶ所は少人数ながら技術力や誇りを持った企業がいくつも参加していました。

知恵袋などでは、既卒の就職活動に関する質問がいくつも寄せられています。そこには、自身の年齢や経歴などは書いた上でトピックが立てられていますが、「地域」を考慮した質問や回答は皆無です。

そのため、就職したい地域の相談機関などを利用し、自分の足で「自分の地域の」情報を集めることをおすすめします。

「希望地域の既卒者就職状況」を自分で確認することをおすすめします

ここまで書いてきたことは、すべて私自身が感じたことです。大学院中退後の就職について、ネット上には情報がかなり少ないようでしたので書いてみました。

大学院を中退して良かった、既卒として就職活動したけれど無事就職できた、といった成功体験談を見ていると、「何とかなりそうだな」と軽く感じてしまいませんか?

中退したことを前向きに語られている方は、無事就職が決まり、社会人として充実した生活を送ることができているはずです。

中退・既卒となったのを後悔していることについて、わざわざ具体的な失敗体験談をまとめている方は少ないように思います。

就職に関して、中退してもどうにか就職できるよという意見と、新卒主義の日本では中退すると絶望的だという意見があります。私は最初は前者だろうと思っていましたが、実際に行動してみると後者の考えになりました。

上に書きましたが、満足な就職ができるかどうかは地域差が本当に大きいと感じました。そういう意味で、就職を考えている地域にて、ご自身で採用情報を確認されることを強くおすすめします。

ハローワーク(特にヤングハローワークや新卒応援ハローワーク)やジュブカフェの個別相談、大学のキャリア関係の課などで、色々な方と話をしてみるのが良いと思います。多くの人と接し、色々な生き方があることを知るのには良い機会ではないでしょうか。

ネガティブに書いてきましたが、能力や自信を持ち、逆境を乗り越えていくことができる方もたくさんおられます。「『既卒になっても何とかなりそうだ』と気楽に考えるのは危険」というのが私の思いです。そのことが、読んで下さった方に伝われば嬉しいです。

これらの体験談に嘘はひとつも書いていませんが、あくまでネット上に散らばっている情報の1つとして、他の方の色々なご意見も参考にして頂けると幸いです。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ