うつ病患者にお勧めする本「うつからの脱出」

「うつからの脱出」がおすすめです

うつ病に関する3冊(おまけで+1冊)の本を購入し、読みました。

いろいろなレビューを参考にして、ネットショップで購入しました。

熟読したわけではありませんが、最初から最後まで一通り読んでいます。

スポンサーリンク

私が購入し読んだのは、以下の本です。

うつからの脱出 [下園壮太]

うつ病をなおす [野村総一郎]

軽症うつ病 [笠原嘉]

ツレがうつになりまして。 [細川貂々]
(この本は、あくまで気分転換の本のような位置づけと考えているので、「おまけ」としました。)

これらの中で、現在うつ病に悩んでいる方が読むのにお勧めするのは、「うつからの脱出」という本です。

その理由を書いていきます。

理由その1・文字の大きさ

経験したことのある方なら分かるかと思いますが、うつ病になってから文字を読むのがとてもしんどくなりました。

勉強も今までのようにできなくなりました。難しいものがなかなか頭に入ってきません。

いざ、本を読んでみようと思っても、字が小さいと読み進めるのがしんどく、途中でやめてしまいがちです。

そんななか、「うつからの脱出」は他の2冊(講談社現代新書)に比べ、文字が大きく読みやすいです。

理由その2・内容が「患者本人」向き

あくまで私の読んだ感想ですが、「うつからの脱出」はうつ病患者本人が読むために書かれている、他の2冊はうつ病の人の身近にいる人が読むために書かれている、という印象を持ちました。

「一歩先に進んでいくためには、具体的にどうしていけばいいの?」という悩みに、きちんと答えてくれていると思います。

他の2冊が悪いというわけではありませんが、これらは無難というか、どの医者が読んでもケチをつけられないような内容になっている気がします。周りの人がうつ病患者に間違えた接し方やアドバイスをしないようにするには、ということを知りたい場合には、とても有効な本だと思います。

おわりに

「うつ病をなおす」と「軽症うつ病」の2冊を批判するつもりはまったくありません。

野村先生も笠原先生も何冊かうつ病に関する本を出版されている、きちんとした専門家の方々です。

ただ、患者本人が読むことを考えると、私は下園先生の本が圧倒的に向いているように感じました。

じつは、他にも2冊の本を購入しているのですが、「うつからの脱出」を何回も読んだほうが良いと感じているので、読まないまま本棚に眠っています。

読むのがしんどい状態でも、なんとしても最後まで読んでみようと思えたのは、「うつからの脱出」1冊です。

追記:現在、下園壮太先生は、それなりに値段の張るDVDを発売されているそうです。
簡単にネットを検索してみると、そのDVDを絶賛するサイトが結構出てきます。
私はDVDを見ていないので詳しい評価はできませんが、私としてはおすすめしません。

以前、以下の記事にも書きましたが、高額なものにはご注意ください。
うつ病の方に本当に見てほしいサイト

googleで下園壮太と入力すると、詐欺というワードが出てきています。
詳しくはお話できないのですが、その意味は、こちらのDVDを発売したことにある、と私は思います。
(もし、本の出版だけであれば、詐欺などという言葉は出てこなかったと思います)

こういったDVDを販売していることを知り、私は残念に思いました。
本に関しては、上記のとおり、私は最もおすすめです。

うつ病に関して、私なりに真剣に、いくつかの記事を書いています。
記事下のタグ部分にあります、「うつ病」という部分をクリックし、お読みいただけますと嬉しいです。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ