メンタルヘルスマネジメント2種の勉強方法やコツ

前回、私が行った勉強方法の概要をまとめました。
メンタルヘルスマネジメント2種を受験した感想など
この記事では、私が思う効率的な勉強方法を詳細にまとめておきます。

8割以上は正解しているようですので、合格できたと思います。
私自身なかなか思うように勉強が進まなかったので、そういった方にほんの少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

第1章から勉強しない

第1章は、出題割合も多く、常識で解けるような問題が比較的少ないため、最終的にはきちんと勉強しなければならない範囲です。

ですが、法律に関わる内容も多く、理解に時間が掛かりました。
私は法律について深く勉強したことがなく、そういった内容が数十ページに渡って続くため、なかなかモチベーションが上がりませんでした。

私としては、
・第4章:個々の労働者への配慮
・第5章:労働者からの相談の方法
辺りから勉強を始めると、スムーズに勉強が進んでいくのではないかと感じました。

特に第4章は、試験での出題割合が最も多く、内容がセルフケアコースのメインとなっている部分です。
「何となく勉強のペースが掴めない」方は、日常生活にも取り入れやすい、常識で解ける問題も多い章から学び始めるのが良いと思います。

テキストではなく問題集から手を付ける

私は、セルフケアコースの勉強の際は、テキストの通読から始めました。

ですが、ラインケアの場合、
・公式テキストの厚みが2倍以上(セルフケア:約120ページ、ラインケア:約280ページ。巻末資料を除く。)
・セルフケアは「読むだけでスッと入ってくる」内容が多かったが、ラインケアは「読み進めても躓く」内容が多い
ため、テキストからの勉強は非効率だと感じました。

テキストの文字の大きさが同じで、太字などの強調が無いため、「自分で」重要個所の強弱を付けていかないと、なかなか読み進めづらいのです。
そのため、問題集を解いていて気になる部分について、テキストに先に線を引いておくと、テキストの通読が行いやすくなります。

また、過去問を先に解くことで、「全く手も足も出ない問題は少ないな」、「常識で解ける問題も多いな」と安心できると思います。

選択肢を1問ずつ丁寧に読む

過去問をたくさん解くと分かってきますが、「急ぐと見落としてしまうような選択肢」が多いです。
具体的には、次のような選択肢です。

「○○○○の例として、△△、××、◎◎がある」
→××『だけ』が当てはまらないので、不適切

7割以上正解しないと合格できません。
「単純な見落とし」で3問落としただけでも、致命的になってきます。

問題集を解く際には、勿体ないミスを無くせるように意識しておくのが良いです。

幸い、試験時間は120分ありますので、じっくり解いたとしても2周回せると思います。
本番では、終わったらすぐに退出される方も多いですが、周囲は気にせず自分のペースでじっくり読み返すようにすべきです。

テキストの通読が大切

ラインケアコースの場合、セルフケアコース以上に、「公式テキストに何度も目を通す」ことが大事だと感じています。

「過去問題集と同じ選択肢が出たら、確実に点数が取れる」ようになれば、合格点には届くと思います。
余裕を持って合格点を取れるようになるためには、やはりテキストを読み込むことが大切です。

テキストに載っている図表は、しっかりとチェックしておいてください。
私がセルフケアコース受験の際に間違えた3問は、どれも「本文ではなく図表が頭に入っていれば解けた問題」でした。
この検定の場合、テキストの図表は視覚的資料ではなく重要な出題箇所です。

メンタルヘルスマネジメントの試験概要には、次のような一文が書かれています。

各コースの問題は、公式テキストの内容とそれを理解した上での応用力を問います。

お金は掛かってしまいますが、テキストと過去問題集の両方を用いた王道の勉強法が確実だと思います。

テキスト全体をまんべんなく学ぶ

過去問題集には、出題傾向分析表が載っています。
こちらには必ず目を通しておいてください。

例年、各章の各節から、万遍なく出題されていることが分かります。
検定まで時間がない方は、勉強中に詰まってしまった難しい部分は深く掘り下げすぎず、広く広く勉強していくのが良いです。
基本的に、どの部分にしても、「1問出題されるか、全く出題されないか」のどちらかなのですから。

逆に、「勉強期間が足りず、最後の章まで読み切れなかった」などは最悪です。

私はあまり勉強時間が確保できませんでしたが、「テキストに引いた下線部分を集中的に、それ以外は流して読む」ことで、試験当日はテキスト1冊に1時間3周ペースで目を通していました。

ノートを作るのに時間を掛けるのは勿体ないです。
何度目を通してもどうしても覚えられない部分だけ、試験前日にA4用紙片面に殴り書きする程度が良いと思います。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ