楽天カードを作って、1つだけ「失敗したな」と感じていること

インターネット上で、クレジットカードを詳細に比較や紹介しているサイトはたくさんあります。
ですが、クレジットカードを作ろうと考えたとき、あまりに情報量が多すぎるため読むのが面倒になり、私は結局特に何も考えずに『楽天カード』を作りました。

スポンサーリンク

結果として、数あるクレジットカードの中で、楽天カードを選択したことには満足しています。

ただ、1つだけよく考えておけば良かったと思うことがあります。
そのことについて、書いてみようと思います。

それは、「提携ブランドの選択」です。
楽天カードでは、JCB、MasterCard、VISAから選べます。

私は、日本の企業なのでJCBにするか、と考え申し込みました。
かなりの円高になっていたので、お得な海外サイトのネットショッピングを利用しようと考えたことがあります。
ですが、その利用したかった海外ネットショップではVISAかMasterCardの対応となっており、JCBには対応しておらず、結局利用できませんでした。

私がクレジットカードを作ろうと思ったのは、楽天市場をはじめとして、ネットショッピングで利用したいからです。
カードを持ち歩くのが嫌なので、クレジットカードを街で使うつもりはありませんでした。
今のところ外出先で利用したのは、新幹線のチケットを窓口で買ったくらいです。

それまでネットショッピングでは、銀行振り込みや代金引換で利用していたのですが、やはり振込み手数料や代引き手数料がもったいないです。
楽天カード支払いを利用すれば、手数料は掛かりませんし、楽天ポイントも溜まっていきます。

JCBは、頭の「J」が示すように日本のクレジットカード会社なので、日本国内で利用できる店舗数は最大規模です。
VISAは、国内シェアはJCBに次ぐ2位です。
世界的には、VISAとMasterCardがクレジットカードの2大ブランドとなっています。

さらに詳しいことは、以下のwikipediaの『クレジットカード』のページが参考になります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/クレジットカード

私の経験から、「クレジットカードはネットショッピングでしか使う予定は無い(街では使わない)」という方におすすめしたいのは、

・日本のネットショップしか使わない→JCB
・海外のネットショップも使いたい→Visa

です。
国内シェアはなかなか変わらないでしょうから、日本のネットショップでの利用しか考えていない方はJCBを選んでおけば無難だと思います。
また、ほぼ日本国内での利用となるはずですので、MasterCardよりも国内シェアが上のVisaが便利だと思います。

私は、5年くらい楽天カードを利用していますが、海外ネットショップで利用できなかったこと以外は、別のカードを作ればよかったなどと感じたことはありません。
楽天市場やヤフーショッピング、amazonといった日本で主要なショッピングサイトでは、どのカードを使っても、特に違いは感じないはずです。

私のように、ネットショッピングでのクレジットカード利用しか考えていない、という方には、楽天カードはかなりおすすめです。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ